b南アフリカランド

トルコリラの複利運用


FX比較トルコリラで為替生活のサイトについて

はじめに

最近注目されているFX(為替)取引。中でも高金利通貨のトルコリラのスワップレートに目をつけて、投機的な取引ではなく長期にわたってポジションを保有し、永続的に高いスワップレートを毎日毎日GETし続けます!
取り扱いFX業者一覧やリアルタイムレート、チャート、管理人のトルコリラの運用成績そして、トルコリラのおススメ運用方法もご紹介していきます。現状では経済指標、ニュースなどのファンダメンタルズ中心の情報ですが、ゆくゆくは為替レートや為替チャートから導かれるテクニカル分析に関する情報なども、FX(為替)取引を楽しんでいる方、これからFX(為替)取引始めようとしている方、もっと言うのであればトルコリラに興味を持っている方そして、たまたま本サイト「【FX比較トルコリラでFX為替生活」をご覧になった方々のお役に立てればと思っています。

特に本サイト「【FX比較】トルコリラでFX為替生活」を読んで頂きたいのが、ドル円やポンド円でスワップレート狙いのFX(為替)取引をしている方でトルコリラのFX(為替)取引に手をつけていない方です。なぜなら私が自身を持ってトルコリラの運用の方が有利だと思うからです。トルコリラの通貨の変動率とスワップレートの関係(政策金利)が他の通貨より魅力的だからです。気づいていない方はきっと驚かれることでしょう。トルコリラ取引なら年利30%ぐらいでしたら当たり前ですよ。リスクを取れば年利50%以上も夢ではないでしょう。

「トルコリラの運用方法の紹介」

※これらの考えは私、一個人考えであって、確実性は一切ありません。悪魔で参考に、トルコリラの取引(為替取引)は自己責任でお願いします。

P.S
トルコリラに関するサイトオーナー様、ブロガー様、本サイト「トルコリラでFX為替生活」では常時、相互リンクを希望、お願いしておりますので是非お声がけをお願いします。情報交換等できればと思います。

オスマン帝国

2007年11月23日

セルジューク朝が滅ぶとアナトリアはいくつかの君公国に分けれていたが、1299年にオスマンが開いたオスマン朝は順調に勢力を拡大し、3代スルタンのムラト1世はアドリアノポリスを占領し、ブルサから遷都した。その後コソボの戦いでセルビア、ブルガリア、ルーマニアを支配下に置いた。さらにニコポリスの戦いでは神聖ローマ皇帝ジギスムント率いる十字軍を破っている。バヤズィト1世は初めてコンスタンティノポリスの包囲を敢行した。しかし1402年アンカラの戦いで、東方からの征服者ティムールに敗れ、オスマン朝は崩壊の危機に見舞われた。その後メフメト2世の頃には国力を回復し、コンスタンティノポリスを包囲1453年にこれを陥落させ、東ローマ帝国を滅亡させた。さらに1517年にはエジプトのマムルーク朝を滅ぼし、イスラム教スンニ派世界の主導的地位を獲得した。

スレイマン1世の頃には1526年のモハーチの戦いでハンガリー王国を滅ぼし、征服。1529年には第一次ウィーン包囲を敢行。神聖ローマ帝国に肉薄した。1522年にはプレヴェザの海戦でキリスト教国連合を破り、地中海を「オスマンの海」とした。 スレイマン1世の頃はオスマン帝国の絶頂期で、法制の整備、イェニチェリの改革や教育政策の充実、学芸の振興などが進んだ。

posted by taro at 13:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94495022

この記事へのトラックバック
SEO対策:トルコリラ アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。