b南アフリカランド

トルコリラの複利運用


FX比較トルコリラで為替生活のサイトについて

はじめに

最近注目されているFX(為替)取引。中でも高金利通貨のトルコリラのスワップレートに目をつけて、投機的な取引ではなく長期にわたってポジションを保有し、永続的に高いスワップレートを毎日毎日GETし続けます!
取り扱いFX業者一覧やリアルタイムレート、チャート、管理人のトルコリラの運用成績そして、トルコリラのおススメ運用方法もご紹介していきます。現状では経済指標、ニュースなどのファンダメンタルズ中心の情報ですが、ゆくゆくは為替レートや為替チャートから導かれるテクニカル分析に関する情報なども、FX(為替)取引を楽しんでいる方、これからFX(為替)取引始めようとしている方、もっと言うのであればトルコリラに興味を持っている方そして、たまたま本サイト「【FX比較トルコリラでFX為替生活」をご覧になった方々のお役に立てればと思っています。

特に本サイト「【FX比較】トルコリラでFX為替生活」を読んで頂きたいのが、ドル円やポンド円でスワップレート狙いのFX(為替)取引をしている方でトルコリラのFX(為替)取引に手をつけていない方です。なぜなら私が自身を持ってトルコリラの運用の方が有利だと思うからです。トルコリラの通貨の変動率とスワップレートの関係(政策金利)が他の通貨より魅力的だからです。気づいていない方はきっと驚かれることでしょう。トルコリラ取引なら年利30%ぐらいでしたら当たり前ですよ。リスクを取れば年利50%以上も夢ではないでしょう。

「トルコリラの運用方法の紹介」

※これらの考えは私、一個人考えであって、確実性は一切ありません。悪魔で参考に、トルコリラの取引(為替取引)は自己責任でお願いします。

P.S
トルコリラに関するサイトオーナー様、ブロガー様、本サイト「トルコリラでFX為替生活」では常時、相互リンクを希望、お願いしておりますので是非お声がけをお願いします。情報交換等できればと思います。

トルコの地理

2007年11月23日

400pxturkey_map 国土はヨーロッパ大陸とアジア大陸にまたがり、北の黒海と南のエーゲ海・地中海を繋ぐボスポラス海峡・マルマラ海・ダーダネルス海峡によって隔てられる。アナトリア半島は中央に広大な高原と海沿いの狭小な平地からなり、高原の東部はチグリス川・ユーフラテス川の源流である。東部イラン国境近くにはヴァン湖とアララト山がある。国内最高所は標高5166mである。

気候帯は内陸は冷帯気候・ステップ気候で夏は乾燥し、冬は寒く積雪が多い。地中海沿いなど海に近い部分は地中海性気候で、オリーブなどの生産が盛んである。

トルコは国内に多くの断層をもつ地震国であり、1999年にはイズミルからイスタンブルにかけてのマルマラ海沿岸の人口密集地で大規模地震が起こり、大きな被害を受けた。

[編集] 主な都市
トルコの都市人口率は2003年時点で66.3%であり、世界平均より20ポイント高く、比較的都市への人口集中が進んでいるといえる。三大都市圏として2大陸にまたがるイスタンブール(都市的地域人口955万5000人、2003年)、首都アンカラ(372万9000人)、港湾都市イズミル(229万9000人)が挙げられる。都市的地域人口が100万人を超える都市は、ブルサ、アダナ、同50万人を超える都市は、ガズィアンテプ、コンヤ、アンタルヤ、ディヤルバクル、イチェル、カイセリである。このうち、アナトリア高原など山岳部に位置する都市は、アンカラ、ガズィアンテプ、コンヤ、ディヤルバクル、カイセリ。国の東部には小規模な都市が目立ち、特に東北部、または黒海沿岸には都市への人口の集中があまりみられない。

アダナ
アンカラ
アンタキヤ
ボル
イスタンブル
イズニク
イズミル
ヴァン
エディルネ
エルズィンジャン
カイセリ
ガズィアンテプ
カルス
コンヤ
サムスン
スィヴァス
トラブゾン
ブルサ
ベルガマ
ギョレメ

posted by taro at 14:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
SEO対策:トルコリラ アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。