b南アフリカランド

トルコリラの複利運用


FX比較トルコリラで為替生活のサイトについて

はじめに

最近注目されているFX(為替)取引。中でも高金利通貨のトルコリラのスワップレートに目をつけて、投機的な取引ではなく長期にわたってポジションを保有し、永続的に高いスワップレートを毎日毎日GETし続けます!
取り扱いFX業者一覧やリアルタイムレート、チャート、管理人のトルコリラの運用成績そして、トルコリラのおススメ運用方法もご紹介していきます。現状では経済指標、ニュースなどのファンダメンタルズ中心の情報ですが、ゆくゆくは為替レートや為替チャートから導かれるテクニカル分析に関する情報なども、FX(為替)取引を楽しんでいる方、これからFX(為替)取引始めようとしている方、もっと言うのであればトルコリラに興味を持っている方そして、たまたま本サイト「【FX比較トルコリラでFX為替生活」をご覧になった方々のお役に立てればと思っています。

特に本サイト「【FX比較】トルコリラでFX為替生活」を読んで頂きたいのが、ドル円やポンド円でスワップレート狙いのFX(為替)取引をしている方でトルコリラのFX(為替)取引に手をつけていない方です。なぜなら私が自身を持ってトルコリラの運用の方が有利だと思うからです。トルコリラの通貨の変動率とスワップレートの関係(政策金利)が他の通貨より魅力的だからです。気づいていない方はきっと驚かれることでしょう。トルコリラ取引なら年利30%ぐらいでしたら当たり前ですよ。リスクを取れば年利50%以上も夢ではないでしょう。

「トルコリラの運用方法の紹介」

※これらの考えは私、一個人考えであって、確実性は一切ありません。悪魔で参考に、トルコリラの取引(為替取引)は自己責任でお願いします。

P.S
トルコリラに関するサイトオーナー様、ブロガー様、本サイト「トルコリラでFX為替生活」では常時、相互リンクを希望、お願いしておりますので是非お声がけをお願いします。情報交換等できればと思います。

建設業

2007年11月23日

トルコにおいて建設業は国内総生産の3%程度を占めるに過ぎない産業ではあるが、その一方で対外請負による外貨獲得源としても期待されており、実際に中東・北アフリカ・ロシアを含む旧ソ連諸国において受注を獲得している。特にロシアは受注額の3分の1を占めるトルコにとってもっとも主要な受注先であり、ロシア連邦議会ビルの修復を行ったのもトルコ企業である。

トルコにおいては一般の住宅環境が良好とは言えなかったが、これは、きわめて高いインフレ率によって住宅ローンが事実上機能していなかったことに主な原因がある。実際、手持ち資金が尽きるとその時点で建設を中断し、残りの部分は再び資金をためたあとに建設するということは、トルコにおいてはごく普通であり、街中の実際に居住が行われている建物でも、これらの光景は良く見られる。しかし、歴史的な水準にまで低下したインフレ率によって、一般向け住宅ローンが銀行の営利事業として十分実行可能なものとなりつつあり、これにより、2005年以降の住宅建設の増加が期待されている。

posted by taro at 14:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94495030

この記事へのトラックバック
SEO対策:トルコリラ アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。